大切なデータを守る方法|外付けhddのデータ復旧サービスで大安心

男性

効果的な利用方法

外付けhddのデータ復旧では、ディスク内部を詳細閲覧でいる特殊ソフトを利用して修復作業を行ないます。

パソコン

外付けhddのデータ記録方式は、概ねパソコンの基本OSのデータ管理方式に準じています。そのため、万一外付けhddに不具合が生じた場合には、パソコンの基本OSのデータ管理方式に則ってデータの復旧作業をおこなうことになります。 基本OSのデータ管理方式は、ファイル名やフォルダ名などの情報管理する部分と、実データを記録している部分がそれぞれ別にディスク内部に記録されます。そのため、もしファイルを消去したとしても、それはファイル名を管理している部分から情報を除去しただけで、実データは消去せずに記録したままの様態になっているのが一般的です。 そこで、外付けhddなどのデータ復旧ではディスク内部を詳細まで閲覧できる、データ復旧ソフトを利用し、ファイル名の情報を修復してデータ復旧を行ないます。

磁気ドライブの代わりにメモリドライブを利用する事で衝撃や振動対策を実現することができます。

外付けhddで用いられているディスクドライブは、2.5インチか3.5インチの磁気ディスクを用いたハードディスクになっています。 3.5インチの磁気ディスクを用いた外付けhddの利用方法は主にハードディスクレコーダーの外付け拡張ディスクのように、他の家電製品の記録媒体として利用される事が主で、据え置き設置タイプがほとんどです。 これに対して2.5インチの磁気ディスクを持ちいた外付けhddは、主にノートパソコンのような携帯性の高い電子機器の拡張記録媒体として用いるのがほとんどです。 ところが、外付けhddを携帯して利用する場合、強度な衝撃や振動を与える機会が増えてしまいます。 そこで、磁気ドライブの代わりに不揮発性メモリを利用したメモリディスクを搭載させることで、衝撃や振動が加えられても問題ないようにします。これであれば、物理的な問題に依ってデータ復旧を行う必要がなくなるため利便性が向上します。